ロンドンくまのこ日記

ロンドンで食べたものと子育ての記録

ロンドンでは抱っこ紐はメジャーじゃない?!

ロンドンは最高気温が20℃くらいとめっきり冷え込んできました。

まずはロンドンの授乳室情報貼っときますね。
そのうち、ひとつにまとめる予定です。

Peter Jones
Sloane Square にあるJone Lewis系のデパート

【授乳室がありそうでないところ】
日本大使館
トイレにオムツ替えの台はありましたが。でも受付でお願いすればなんらか対応してくれるかも?!

Hamleys 
オックスフォードサーカスとピカデリーサーカスの間くらいにあるオモチャ専門デパート。
こちらもトイレにオムツ替えスペースがありますが、授乳室はなし。


それはさておき。
今日は抱っこ紐の話。

ロンドンでは抱っこ紐が全然メジャーじゃありません。
デパートの子ども関連の売り場でも、バギーの種類は日本よりたくさんあるのに、抱っこ紐は売ってないとこすらあります。

辛うじて売ってても、Baby Bjornのみ。
日本でかなりのシェアを占めるエルゴを売ってるのを見たことがありません。

街を歩いてても、やはり子ども連れはみんなバギー。
たまーに抱っこ紐の人を見ますが、日本人だったり、生粋のLondonerではない感じ。

くまのこはロンドンに来るまで、バギーが嫌いで、バギーに入れられるとずっと泣いてました。
なので、日本にいるときはほとんどエルゴで出掛けてました。
でも、くまのこ、成長曲線の上の方を推移してるため、かなり重くて、肩と腰が痛すぎて長時間の移動が難しくなってきてしまい。
ロンドンに来て、バギーに無理矢理入れて、泣いたらエルゴに、という感じにしています。
最近はバギーにも慣れてきたのか、バギーでお昼寝もできるようになってきました。

ロンドンの子どもはバギー嫌いとかないんですかね?
日本にいるときはバギー嫌いの赤ちゃんってよく聞いたんですけど。

あと、日本ではバギーって幅取って迷惑がられるけど、子どもに優しいロンドンでは、バスには必ずバギーを置けるスペースがあります。
(車椅子の方がいたらそちらが優先ですが。)

あと、バスや地下鉄でバギーを押してるとみんな席を譲ってくれたり、スペースを空けたりしてくれます。
地下鉄ではエレベーターがないことも多くてバギーを担がなきゃいけないのですが、通りがかった人がみんな持ち上げるのを手伝ってくれます。

なにより、子どもと目が合うと、老若男女問わずみんなあやしてくれたり、話しかけたりしてくれる。
子どもがぐずっても叫んでも、微笑ましく見てくれる。

それは本当に有難いです。

日本にいたらもっと肩身が狭い思いしなきゃいけなかったんだろうな。

バギーが浸透してる理由は子どもに優しい文化が根付いてるからかもしれません。
一方日本では抱っこが子どもの成長にとってすごく重要、みたいな考え方がありますよね。

そういった考え方の違いが、浸透してるツールの違いに繋がるのかもしれません。